三鷹に理容サロン、ヘアスタジオカルージュをオープンしました。本当にお客様のためになる情報を選んで提供できる店にします。理容室ならではのレディスシェービングを是非ご体験を!表千家不白流の勉強を続けて50年。大好きな和菓子や茶花、そしてなによりお茶事、お茶会のことなどお話していきたいと思います。黒猫モントリオールも元気です。

2018年04月16日

清々しい茶室巡り

今日はヘアスタジオカルージュの定休日。
5月から変わりますが、
またお知らせします。

お茶会を開きたいという妄想に駆られて
貸し茶室巡り。
朝は荻窪の大田黒公園のお茶室。
IMG_7522.JPG

IMG_7523.JPG
美しい庭には鯉が。
IMG_7524.JPG

ただ、申し込みが複雑。
区役所に足を運んで登録の上、
ネットで申し込み、です。
区役所の出先機関っていうどこ?
テクテク歩いて行くと、移転しましたって貼り紙。

疲れました。
ここはなかなかハードルが高い。

午後は武蔵野市松露庵。
IMG_7525.JPG

IMG_7527.JPG

IMG_7528.JPG

IMG_7529.JPG

IMG_7526.JPG

美しい藤が咲き誇っていました。
係の方によると、四季折々美しいそうです。
台目の小間も、広間も一括で借りられます。
借方もそれほど複雑ではなさそう。
よって第一候補となりました。

お茶会も妄想から希望へと変わりました。
まあ、秋、かな?
初夏は到底準備が間に合いません。

近くの石楠花が満開でした。
IMG_7530.JPG

帰りは武蔵境駅の椿屋カフェでカフェウインナーで一服。
あー、極楽、極楽。
IMG_7532.JPG

しっとりと新緑滴る茶庭を巡って心まで洗われた一日です。
やっぱりお茶は良いなあ。
posted by 恵風庵 at 15:41| Comment(0) | 茶の湯 茶菓子 茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

中央通りのなかむら履物店

草履の裏をふと見てみるとかかとがすり減っています。
貼り替えてもらおうと、所沢の大型商業施設に入っている
靴修理屋さんに行って尋ねると、
草履はやってません、て。
できない理由を力強く、雄弁に説明してくださいましたが、
要するにルーチン以外のことはできません、
とのこと。

三鷹駅前、中央通り商店街にある、なかむら履物店に行ってみると、
すぐにしてくれました。
一足540円。なんと!安い!
近くの靴修理屋さんはパンプスのかかと直しは
一足1800円でしたよ。

なかむら履物さんは
鼻緒の緩み具合も尋ねてくださいました。
必要なら調整してくれるそうです。
良い店を見つけたもんです。

中央通り商店街はチェーン店もあるけれど、
個人商店が立派に生きている。
歩いても面白い街ですよ。
posted by 恵風庵 at 18:35| Comment(0) | 茶の湯 茶菓子 茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

うさぎの会のお茶事

今日はうさぎの会のお茶事に参加しました。

真ML茶の湯ネットワークの会員さんが主催しておられます。
茶歴を超え、流派を超えてお茶を楽しむ会です。
興味のある方はネットで調べてみて下さい。

今日のお客様は5人。
同流3人、お裏さん2人は初対面です。
初対面でもすぐに打ち解け、本質的な話ができるのがお茶の良いところ。
楽しい4時間でした。

清風動脩竹
IMG_7461.JPG
高野山の秀海管長のお筆。
何が来ても変わらぬ自分、という意味でしょうか。

花は貝母。瀬戸の花入。鎌倉彫の盆に乗っていました。

桜と、磯遊びを満喫できたお茶事でした。
IMG_7462.JPG
お干菓子の一つがとても興味深かった。
種類としては寒氷、ですが、日本酒が入っている。
盛岡の、大吟醸ぽっ、というお菓子銘。
IMG_7463.JPG
お茶って楽しい!と思える良いお茶事でした。
ありがとうございました。

ちなみに今日は蝶々をイメージしたウコン色の色無地に、
牡丹の名古屋帯。
IMG_7460.JPG
春の訪れを表したつもり。


posted by 恵風庵 at 19:23| Comment(4) | 茶の湯 茶菓子 茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

赤毛のアンと茶道

NHKプレミアで花子とアンを初めて観ました。
再放送なんですね、そして今日で最終回でした。

赤毛のアンに関しては思うところがたくさんあります。
出会ったのは小学5年生。
少女らしい空想を巡らして貧しいけれどとてもガーリーに生きるアンになじめませんでした。
女らしさのかけらもない子でしたので、途中で苛立ったことを覚えています。

次にであったのは20代。
ああ、女の子ってこうだよね、と赦せる感じがしました。

そして次は60歳代。
赤毛のアンは茶道だ!と思います。
何気ない日常を、考え方ひとつで輝くものに変えるアン。
まさに茶道。
何気ない日常の究極たる日常茶飯事を輝く芸術にまで高めている茶道。

60になってやっとアンを理解しました。
死ぬまでに気が付いて良かったよ・・

posted by 恵風庵 at 19:27| Comment(0) | 茶の湯 茶菓子 茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

九州からセリが

九州の同流の方から
あさ摘みのセリが飛んできました。
IMG_7064.JPG

お茶を盛んにやってる時なら
絶対に椀物にしました。
でも、今はチキンソテーに添えました。とほほ、です。

久留米の銘菓、越山(こっさん)と、
有明の海苔が同封されていました。
IMG_7065.JPG

感謝、です。
一度もお目にかかったことがないのに
いつも気にかけて下さる。
胸が温かくなります。
ついでに目も赤くなります。

今夜はお客様からホワイトデーのTAKANOの
白いお菓子をいただきました。
IMG_7066.JPG

まだ食べてないので、感想は後日。


posted by 恵風庵 at 21:57| Comment(0) | 茶の湯 茶菓子 茶花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする