三鷹に理容サロン、ヘアスタジオカルージュをオープンしました。本当にお客様のためになる情報を選んで提供できる店にします。理容室ならではのレディスシェービングを是非ご体験を!表千家不白流の勉強を続けて50年。大好きな和菓子や茶花、そしてなによりお茶事、お茶会のことなどお話していきたいと思います。黒猫モントリオールも元気です。

2019年05月31日

花婿さんも綺麗になろう

ブライダルシェービングをご予約の花嫁さんから、
うちの主人もお願い!というご要望で、
メンズブライダルのご来店が増えています。
なんだか微笑ましく、こちらも思わず笑顔になります。

今日は、ご一緒に施術してほしい、どのご要望。
カルージュはシェービング出来るものが1人なので、
基本お客様は重ねませんが、
ブライダルエステは私も半分は担当しますので、
ご夫婦交代でエステをさせていただければ
可能です。
早速、お得なブライダル夫婦割コースを新設しました。

ご夫婦一緒にシェービングやエステを楽しみにいらしてる
方もおられます。
なんだか私までニコニコしてしまいます。

ブライダルのお仕事は良いなあ・・
posted by 恵風庵 at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

茶杓を洗う?!

お茶では竹製品をよく使います。
茶杓、茶筅、柄杓、懐石のお箸の1つ、などなど。
大概は水や湯に浸けて使います。
ですから、少なからぬ費用を出すのに消耗品です。
日本製の茶筅なんか4千円くらいします。

絶対に水をつけてはいけないのは茶杓。
使い終わると柔らかい布で拭いて大切に竹の筒に入れ、
さらに木の箱に納めます。
銘のあるものも多く、その銘がお茶会に彩りを添えてくれます。

店のバックヤードでお茶を点ててますが、
先日、息子にお茶碗洗っといてねー、
というと、見事に茶杓まで水洗いしてくれました。
ワォー!

稽古用の安物だから良かったようなものの、
銘のあるものだったらどうするのよ、
シミだらけになって使い物にならなくなります。

知らないということ、教えてないということはこういうことなんですね。
自分が知ってるから当然ヒトも知ってると
思い込んでいました。
以後、気をつけるように言っておきました。

因みに私の好きな茶杓は、
亡き師匠からいただいた、いくひさし。
幾久しくお茶に親しみ、茶友たちにご交誼を賜りたいものです。
posted by 恵風庵 at 20:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

思い出次々

今日は引っ越しに際してのお茶道具の整理をしました。
結婚した時に亡き師匠からいただいた松喰鶴の棗。
うちの茶室開きの時に仲間から贈られた大樋焼の濃茶碗。
内祝いに出した干菓子盆。
生徒さんから贈られた桜の薄茶碗。
などなど枚挙にいとまがありません。

思い出が蘇って来て、結局お茶というのは
人間関係だったんだな、と思い至ります。

これからは自分でお茶事を催すのではなくて、
人様に呼んでいただいて楽しむようにします。
やはりこちらに生活の基盤が無いというものは如何ともし難く、
植え替えられた鉢植えの花のように、
元気がありません。
でも、もう悪あがきはせずに、
こちらの元気な茶人さんに丸投げして、楽しみます。

実は来週もお呼ばれしてるんです。
正客のご指名をいただいているので、
ご亭主様のお心入れを十分汲めるように
頑張って務めたいと思います。
ちょっと緊張。
posted by 恵風庵 at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

広告と違うぞー。

引っ越しに際して、重い本の数々、そして
大きなテーブル、ソファを処分しようと考えました。

ネットで調べると、本の出張買取、家具の出張買取の業者がたくさん出ていました。
希少な品でなくてもOK、無料で出張査定します、
他で値のつかないものでもお引き取りします、等々、
耳障りの良い言葉が並びます。

電話してみると、茶道関係の本、謡曲関係の本は売りにくいので、
家具はメーカー品であっても20年以上経ってるものは売れないので
と見に来ることすらしてくれません。

ネットに書いてあることと随分ちがうなぁ。
勿論相手も商売。
ガソリン代と時間の無駄になるようなことはしたくないのでしょうね。
仕方ないので引っ越しを引き受けてくれる日通に引き取りを依頼しました。

大きな家具はやめて小振りな物に替えていこうと思います。
まあ、人生の断捨離のスタートですかねー。


posted by 恵風庵 at 23:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

郷里の友と

高知から元同僚がご来店くださいました。
今も現役バリバリです。
若かった彼女ももう定年間近。
そりゃそうよね、私はとっくに定年しちゃったし。
職場もあまり若返ってないみたいです。

カットとシェービングをしてくださいました。
元々が美人ですので、
メイクも映えてとても輝いていました。
ホームページに載って頂こうと思います。

夕食はいつもの、ブラッセリー、ノートルバトー。
食事にウエイトを置いて、とお願いしてあったので、
クスクスやラムのワインソースなとを出してくれました。

EDD62B50-2631-4514-B0A7-0B87C67B7176.jpeg

お酒もそれに応じてとても美味しいのを選んでくれました。
締めには先日話題に出してあった、
オーストラリアのシラーズを出してくれました。
ズッシリ重い。
私的には、この重さにコクや旨味がバランスよく加わると
もっと好きだなぁ。

電車の時間を気にしつつ、おしゃべりに花が咲きました。
いつもながら、高知の人と会うと里心がつきます。
posted by 恵風庵 at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする