三鷹に理容サロン、ヘアスタジオカルージュをオープンしました。本当にお客様のためになる情報を選んで提供できる店にします。理容室ならではのレディスシェービングを是非ご体験を!表千家不白流の勉強を続けて50年。大好きな和菓子や茶花、そしてなによりお茶事、お茶会のことなどお話していきたいと思います。黒猫モントリオールも元気です。

2019年02月27日

ワイン2本目

イタリアワインの美味しいのを見つける試み、その2。

512D8EBC-8F43-4F7E-8FB5-4DA3DBBE0981.jpeg

モンテプリティアーノ、ダブリッティオの
グランサッソ社のワインです。
主人は先日のピューマ社のより好きなんですって。
ピューマ社のは最初に酸味を感じました。
でも、空気にさらすうちに酸味が取れて、こくだけが残ってとても私の好みです。
主人は酸味が苦手みたい。

セロリと蒸し鶏のサラダ、それとブルーチーズの合わせてみました。
どっしりした重い味わいがとても良いです。

三鷹の中央通りを南に下ったところに
イタリアワインを豊富に揃えた酒屋があるんですって。
絶対行ってみなきゃ。
posted by 恵風庵 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

ねことじいちゃん、とアカデミー賞

夫婦して岩合光昭監督の、ねことじいちゃんを
観に行きました、
岩合光昭さんの作品は、我ら猫神家の一族としては、
批判、批評の対象ではありません。
礼賛しかありません。はい。

これほど猫が美しい映画が未だかつてあったでしょうか。
猫タクシーとか、レンタル猫とか
猫を癒しのアイテムととらえた映画はいろいろありますが、
猫の存在は極めて小さく、希薄なものでした。
やはり人間中心。

そこへ行くと、岩合さんにヒトを撮らせてはいけない!
との評の通り、猫の重みがズッシリとある。
だからバランスがとても良い。
ここまで大画面に負けない猫のどアップを撮れる人はいません。

主役は雄猫のベーコンさん。
岩合さんが一番好きなどっしりとした、
顔の大きな雄猫です。
演技もアカデミー主演男優賞もの。
堪能しました。

ストーリーも平和そのもので良きかな、良きかな。

ボヘミアンラプソディーのラミー マレックが
アカデミー主演男優賞を取りました。
これもまた、良きかな、良きかな。
死ぬまでにクイーンの存在を知れて良かった。
posted by 恵風庵 at 17:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

ファーストマン

今日は、お客様の強い勧めで、ファーストマン、を観に行きました。
アポロ11号で初めて月に降り立ったアームストロング船長の話です。

本当にじっくり描いていて、その豪胆さ、静かな勇気。
胸に沁みました。
初めて、というのがこれほど大変なものなのか、
と深いため息が出ました。
閉所恐怖症の私にはがまんできない場面もありました。

安っぽい泣かせ所や、ここで感動しなさい!という場面が一切無くて
正統派の作りでした。これはまさに私好みです。

勧めて下さったお客様とはだいぶ違う感想を持ちました。
男と女の違い、独身と母親の違いが大きいとおもいます。
また映画の話をするのが楽しみです。

帰りに吉祥寺の駅地下のハワイアンパンケーキの店で
前から食べたかったフルーツパンケーキ。

4EA15F6C-B5F2-4775-8AC9-36AAEABAEBCE.jpeg

美味しかったけれど、私には大きいかなぁ。
ちょっと胸焼け。
年は取りたくないものね。
posted by 恵風庵 at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

桜餅と栗蒸し羊羹

先日和菓子レシピを差し上げたお客様が、
関東風桜餅と栗蒸し羊羹を作ってお待ち下さいました。

ご家族にも好評で、これからお姑さんに持っていくのだと
颯爽と自転車で去っていかれました。

ご家族や、お姑さんの幸せなこと。
優しい味の手作り和菓子を食べさせてもらえるなんて。

さて、出来栄えや如何に。

まず美しい。

4452766A-5226-4B11-9C1B-F64E2D7AE4CB.jpeg

生地が綺麗な楕円形に焼かれていて、
出来栄えがとにかく美しい。
お人柄が偲ばれます。
そして美味しい。関東風桜餅ってこんなに美味しかったっけ?

栗蒸し羊羹の栗は今朝差し上げた私の栗の渋皮煮。
それが午後にはもうこんな上等に姿を変えています。

BE499310-E42C-4628-AD02-DF90A4A0A894.jpeg

そしてお味は?
もっちり、ねっちりとした蒸し羊かん。
それに渋皮煮の栗。
とてもマッチしています。

息子は、これは感動するわー!売れる!
などと感嘆しきり。

弟子越しという言葉があります。
弟子が師匠を超えること。
いとも簡単に超されちゃいました。
嬉しい限りです。

ひとつだけアドバイス。
栗蒸し羊羹は、出来立てはもっちりしていますが、
日が経つとその粘りがなくなり、
さっくり感が勝ってきて、平凡なお羊羹になっちゃいます。
お早く召し上がれ。
posted by 恵風庵 at 20:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

和菓子作りの生徒さん

お客様のお一人に私の書きためた和菓子のレシピを差し上げたところ、
頑張って次々と挑戦しておられる。
いちご大福と栗蒸し羊羹はご家族にとても喜ばれたそうで、
私としてもとても嬉しい。

今日は栗蒸し羊羹の現物を持ってご相談に来られたので、
ついでに味見をさせていただきました。

CC3DEBD1-3726-467D-8999-A76E3C71CDCB.jpeg

もっちりしてコクがあって美味しい!
たいしたものです。

いちご大福なんか作り慣れたつもりの私でもシーズン1回目は
なんだか形が悪かったりします。
手慣れることは大事ですね。
これをマスターしたら、一年中活躍するレシピです。
頑張れ!


posted by 恵風庵 at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする